使用画材_バナー.jpg

現在 94点完成(2020年5/13時点) あと6点。

「大瀬崎灯台と椿」 (右上の詩は長崎在住の詩人、高塚かず子さんよりいただきました。)

■「五島百景」とは

山本二三の出身地である長崎県五島列島。
その独特の文化と雄大な自然を「五島百景」として100点描き、五島列島の溢れる魅力を後世に伝えたい。
それがこの「五島百景」のコンセプトです。
五島市のふるさと大使として、暫定世界遺産にも登録されている
五島列島の文化と自然を守り、世に広めるための活動の主幹となる作品集であり、
これまで数々の名作アニメーション映画で風景を描いてきた、山本二三のライフワークです。

「慈恵院のマリア像」

「魚津ヶ崎公園のコスモス畑」

「母達の肖像」

父の肖像

「嵯峨ノ島」

「高浜の魚籃観音像」

■五島列島の歴史的文化遺産と雄大な自然

堂崎教会は明治12年(1879)、禁教令解除後の五島における最初の教会として設立。

キリシタン復活の拠点として、小ヴァチカン的な役割を果たしてきました。
隠れキリシタンがマリアに見立てて礼拝したマリア観音など、受難の歴史を物語る資料が展示されています。

その時代に建てられた大小様々な教会がいまも残っており、今でも日常的に教会として使用されているものもあります。

 

また、五島列島は悠久の昔より、仏教の教えを求めて大陸へ向かう人々の最終寄港地でした。

数々の史跡と共に弘法大師空海ゆかりの伝説が数多く残っています。

そんな歴史的背景により大師の歩いた足跡を辿る八十八ヵ所巡拝もあります。
この他にもたくさんの歴史的文化遺産があり、手付かずの雄大な自然がそれらを包みこんでいます。

宗教をのりこえて、様々な文化が助け合う力が五島列島にはあるのです。

■五島列島の雄大な自然

三井楽長の高浜海水浴場は真っ白い砂浜とマリンブルーに澄みきっています。

日本の渚100選、環境庁の日本の海水浴場55選にも選ばれており、

2004年には日経新聞で、 日本で1番美しい海水浴場にも選ばれました。

 

奈留町にはトンボロと呼ばれる前島と末津島(奥)とを結ぶ帯状の浜があります。

潮の流れで小石が堆積してできたもので、干満によって景観が変化します。

普段は海なのに、干潮時になると陸地から島への石州が現れ歩いて渡ることができるという、

めずらしい現象を「トンボロ現象」といいます。

 

その他にも美しい自然がたくさんあります。

詳しくは長崎県五島市の観光サイト【まるごとう】をご参照ください。

■「五島百景」に関わるこれまでの活動

2011.6/19・7/23
中目黒の「トラベル・カフェ Bliss」での「五島列島フェア」内イベントにて、トーク&ライブ・ペインティング。

五島列島の地産池唱ミュージシャン「ベベンコビッチ」さんとのトーク・ライブや、五島の雲を描くライブ・ペインティングを行いました。
五島産のうどんやトマトを使ったパスタなどを食べながら、五島の魅力にたくさん触れる内容となりました。

「五島ZINE」は東京在住の五島人たちが作る五島をテーマにした新聞です。フェイスブックページはこちら【五島ZINE

2011.8/16

五島モンパルナス構想の一環として五島市役所主催の「子ども絵画教室」が開催されました。
抽選で選ばれた小学生25名が参加、アニメーション美術の伝統的な技法に初めて触れる小学生たち。
テーマは「好きな動物の形をした雲」と「奈留島の海」。みんな一生懸命、溢れるエネルギーで描いていました。
優しい色合いでこれからも五島の風景を描いていってほしいです。

 

2012.10/13

五島での絵画教室2回目。みんなで五島の空や海を描きました。

2013.5/30

離島経済新聞社の「季刊リトケイ No.5」に「五島百景」の絵と文が掲載されました。

(スペースの都合上、以下記事のみです。)

「離島経済新聞について詳しくはこちら。【離島経済新聞

2013.5/26

五島市主催のスケッチツアーで久賀島の五輪教会へ、子どもから大人まで50名ほどでいきました。

みんなでおもいおもいの場所からスケッチをし、お昼時はわいわいとお弁当を食べたのでした。

2013.10/31

長崎県主催の観光PRイベント「ひかりと祈り 光福の街 長崎」が渋谷東急エクセルホテルにて開催。

スライドで絵を見せながらのプレゼンテーションや、県知事たちとのトークセッションが行われました。

11/14~17には同テーマの展示会が渋谷ヒカリエで開催され、長崎や五島を描いた複製画や拡大出力が展示されました。

■協賛の募集について

「五島百景」は山本二三のライフワークであり、商業的な活動ではありません。

しかしながら、取材や制作には時間も費用もかかるため、現在、絵映舎では個人・法人の協賛を広く募集しております。

コンセプトにご賛同いただける方はぜひともご協力の程、よろしくお願いいたします。

 

協賛:一口1万円より

特典:「五島百景」複製画一点

     「五島百景展 図録」一冊進呈(図録完成時)

 

詳しくはこちらまでご連絡ください。

【kaieisha@tbz.t-com.ne.jp】 「五島百景」協賛係

Home】 【News】 【About】 【Works】 【希望の木】 【五島百景】 【Youtube】 【Contact

© Kaieisha. All rights reserved.